top of page
  • 執筆者の写真Kawabe Fumi

5/25 運動会の移り変わり

カテゴリー 日常の中で感じたこと


木の家・自然な家で、あなたの暮らしを楽しみませんか?

東京・多摩エリアの「つくり家工務店」です





今日は小学校の運動会を見に行ってきました。


うちは諸事情あって15年ほど小学校の運動会に参加してます。


この15年で随分運動会も変わりました。


当初はあさイチで出掛けて行って、シートを敷いて場所取りなどをしたものです。


現在ではそういうことは出来ません。


今では、自由に校内に出入りすることもできません。


1か所で受付をして名札をもらって入ります。


コロナのせいもあって、あらゆることがかたぐるしいものになってしまいました。


運動会のスケール感も年々小さくなっている気がします。


なぜか昔から決まってる6年生の組体操も、手を変え品を変え、観客に驚きをあたえようとしてます。


しかし、危険なことは避ける傾向にもあるので、申し訳ないのですが、感動するとはいきませんでした。



15年前でも、私の子どもの頃とは随分変わっていて驚いたものです。


私の頃は家族の中でも一大イベントでしたよね。


お昼は家族そろって校庭でお母さんがつくった豪華なお弁当に舌鼓をうちました。


現在では、これない家庭もあるから差別になると、家族とお昼を共にするということはなくなりました。


今回に関しては午前中で全て終了です。



「昔は良かった」で話は片付いてしまうのかもしれません。


ネガティブなことばかりで申し訳ないんですが、ちょっと寂しかったですね。



ただ、子どもたちは何も悪いことをしてるわけではありません。


コロナや世知辛い世の中が反映していることも確かです。


こんな世の中にしている私たち大人の罪は大きい。


変えていかなければいけません。



それらはさておき、また1年で子どもが成長しています。


それが確認できるのは毎回嬉しいことです。



また5年後、10年後、運動会がどう変わっているか楽しみです。







午後は工場でキッチンの製作に取り掛かっています。


今回はオーク材でつくります。


Comentarios


bottom of page