• Kawabe Fumi

9-⑤ あなたは2拠点生活を考えますか?

カテゴリー, 土地に暮らす/好きな場所に暮らす




コロナの流行と共にリモートワークが浸透してきました。


それと同時に、2拠点生活が注目され、行動に移す方が増えてきました。


ライフスタイルの多様化と、それらを許容しつつある社会の変化が大きいのかなと思います。


今回は、この2拠点生活についてお話したいと思います。


一般的には、2拠点というのは、仕事のための拠点とプライベートの拠点となるでしょう。


移住となるとけっこうな覚悟が必要になりますが、2拠点生活ならお金の負担さえクリアできれば、なんとか実現しそうというところが注目されている理由でしょうか?


メリットとデメリットを挙げてみたいと思います。



メリット

  • 生活にメリハリをつけることができる。

  • 休日は、緑豊かな自然などの環境で、のんびりと穏やかな時間を過ごすことができるし、平日は買い物等便利な街中で、暮らすことができる。

  • 子供にとっても身近に自然を感じさせることができる。

  • 趣味やアウトドアスポーツなどに没頭できる。



デメリット

  • 2軒の家を管理しなければならない(居住コストが倍になる)。

  • 2拠点を行き来する交通費がかかる。

  • 掃除やごみ出しに手間がかかる。

  • 職業を変えた場合の安定収入が得られる保証がない。




基本的には2拠点分の生活コストがかかるわけなので、それを越えるだけのモチベーションがなければ続かないと思います。


たとえば、


  • 都会の生活に疲れた人がリフレッシュするため

  • 趣味や新たな人付き合いを求めるため

  • そもそも移住を目指している人の準備のため

  • 自然の中で子育てしたいため

  • 町おこしなど地域社会に貢献したいため


など、それなりの覚悟は必要でしょう。


しかし、新たな土地、人との出会いで、あなたの価値観も刺激されるのではないでしょうか?


家族で過ごす時間も必然的に増えるでしょう。


田舎生活を賢く取り入れたい方には、一つの選択肢になると思います。



いずれにしても、家をベースにして暮らしを楽しむということだと思います。


快適で居心地のいい環境をつくるためにも、家を整えることが大事になってきます。


また、管理の問題もあるので、シンプルでメンテナンスしやすい家にしていく必要があると思います。


そして、初心にあるモチベーションを上げ続けてくれる存在感みたいなものを、その家が生み出してくれるといいですね。



家づくり、どこから手を付けていいかわからない方へ


そんなあなたにぴったりの小冊子をつくりました。




閲覧数:5回0件のコメント