top of page
  • Kawabe Fumi

2, 多摩川を下ってみた!②やっぱりカヌーの川下りはいい!



カテゴリー 川を旅する大工 / 8年ぶりにカヌーで川を下ってみた!

  • カヌー、川旅の醍醐味とはなんだと思いますか?


新調したカヌーの試乗も無難に終え、いよいよ川へ漕ぎ出します。


今回は、周辺でラフティングのツアーが使っているコースと同じ場所からスタート。


青梅線で行くと二俣尾の駅の近くになります。


カヌーは家で組み立てて現地へ。


ここは駐車場もあるので、多くの人が拠点にしているようです。


川に降りると、白丸湖の時と同様にかなりの人出。


以前からいくつかラフティングのツアー会社を見かけてますが、経営的にやっていけてるのかなぁ?と他人事ながら心配していました。


どうやら余計なお世話だったようです。



あの場所だけで20〜30人はいたと思うのですが、やはり私は一匹狼が好きみたいです。


川下りのスリルを、みんなで味わうのも楽しみの一つなのですが、本筋は自然と向き合いたいのです。


彼らが出て十分時間をおいてからスタートです。


8年ぶりの船出です。


ブランクの長さと、初めてのコースで先が読めない状況での緊張感。


そして、また川に戻ってこれたことへのワクワク、ドキドキ感。


「求めていたのはこれだ!」と実感。


川下りの不安定さと怖さ。


コース取りや行く行かないなど全てを自分で決めて進んでいく覚悟。


そして、全てのことから解き放たれるような自由な瞬間。


これがカヌー、川旅の醍醐味なんだと思います。




  • 初めてのルートの緊張感


先ほども言いましたが、今回のルートは初めての体験です。


川というものはさまざまな顔があり、どこに危険が潜んでいるかわかりません。


突然の落とし穴にはまり、カヌーを壊してしまうこともあれば、下手すれば、自らの命を落としてしまうこともあるのです。


多摩川なんですが、川崎あたりの流れもないようなドーンとでかい川というイメージとは全くかけ離れていますからね、念のため。


川幅も狭く、くねくねと蛇行していて流速もけっこう早いです。


一応今回は、「グーグルアース」なるものを駆使してだいたいの雰囲気は予習してあります。


実際にはほとんど役には立たなかったのですが…(苦笑)。


蛇行の感じはわかるのですが、瀬(流れが速いところ)や岩の状況までは拡大できません(泣)


セオリーからいけば、「スカウティング」という方法で状況判断して進路を決めていきます。


横文字で気取ってますが、ようは偵察です。


瀬や浅瀬が近づいてくると「ザァーザァー」といった音が聞こえてきます。


そうしたら、手前でカヌーを岸に横づけして歩いて瀬の状況を観察しにいくわけです。


どういうコース取りをするべきか?


出っ張ってる岩などはないかを確認します。


瀬では、直前でコース取りを変えることは、ほぼ不可能です。


ただ、スカウティングはやれば安心なんですが、正直言ってめんどくさいし、ブツ、ブツと流れを切ってしまうので、あまりやりたくないのが本音。


なので瀬音で、ある程度判断します。


「ゴーっ」と大きな音ならば止まり、「ザラザラ」という感じの音だと浅瀬であったり、軽い瀬なのでそのまま行ってしまいます。


そういう時に限って失敗するのですが…


今回のコースは蛇行がきつく、流速も速いので、細かい操縦が必要となります。


ところが、私が乗っているフォールディングカヤックは、直進性はいいのですが、回転性がありません。


そのあたりを見込んだ操縦が要求されます。


さしづめ、小回りの利く日本車ではなく往年のアメ車のような融通の利かなさと言ってもいいでしょう。


直角に曲がるようなところばかりなので、斜めに横断するようなイメージで漕ぎます。


それでも流速によっては、スライドしながら、ギリギリ正面の壁にぶつからずにクリアといった感じ。


少しでもスライドが大きかったら、壁にぶつかってひっくり返ったでしょう。


水量もあり、思ったより難易度が高かったですね。


久しぶりの川で怖さを必要以上に感じていたのかもしれません。


腕も鈍っていたかもしれませんね?



  • スマホは川旅には悩ましい存在⁉


ルートも後半に差し掛かりました。


ここまでは、ブランクなどもあり、ハラハラドキドキな場面も散見されましたが、なんとか無事に来てます。


また前方に瀬が近づいているようです。


「ザァーザァー」という音が聞こえてきました。


音からして浅瀬のようです。


今日の水量からして底がついて止まってしまうことはないだろうと想定して、そのまま進んでいきました。


瀬に近づいてくると、けっこうヤバい浅さ。


しかも、所々に岩が出っ張ってます。


フォールディングカヤックのもう一つの欠点が、本体がシートで覆われていること。


底を岩で引っ掛けると簡単に切れてしまうのです。


どんどん瀬が近づいてきて、もはや、逃げようがありません。


最悪の状況はかわしつつも、ついに止まってしまいました。


腰を浮かせながらなんとか少しづつ前に進もうとしますが、出っ張っている岩にひっかかりどつぼにはまりました。


カヌーは、横腹を岩にひっかけてしまうと大変危険です。


横腹を支点にして「てこの原理」が働き、川の流れに押されて折れてしまうのです。


これは避けなければならないので、背に腹は代えられません。


カヌーからすぐ降りて、人力で押し出します。


もうひとつ、スマホを防水カバーに入れてなかったので、絶対にカヌーをひっくり返して落としたくないという思いも働きました。


このブログやSNS発信には写真は欠かせないので、スマホの携帯は仕方ないんですが。


これでは、カヌーの面白さを半減させてしまいますね。


ひっくり返さない(沈)を目的にしてしまうと、そこに囚われてしまって、気持ちを解放することにはならないんです。


ひっくり返ることも楽しめる、心のゆとりみたいなものも必要ですね。


夏ならわざとひっくり返っても気持ちいいのですが。



なんとか危機を脱出し、流れに戻ります。



まもなく、今日のゴールの釜の淵公園に到着です。


もう夕方なのですが、まだBBQや川遊びをする人々でにぎわってます。


目立たないようにコソコソと退散です。


コソコソする必要はなにもないんですけど(苦笑)



駐車場に行き、現在地の位置情報をLINEで奥様に送り、迎えに来てもらいます。


待ってる間に、サクッとカヌーを折りたたみます。


これがフォールディングカヤックの最大のメリットとなります。


大き目のリュックサックぐらいに折りたためます。


今回は5,6キロを2時間ほどで下りました。


「やっぱり、カヌーの川下りはいい!」


改めて実感しました。



家づくり、どこから手を付けていいかわからない方へ


そんなあなたにぴったりの小冊子をつくりました。




閲覧数:7回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page